村上春樹さんの新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の発行部数がすでに50万部で話題に! | 新着 芸能ニュース トレンド情報を収集するブログ

スポンサードリンク

村上春樹さんの新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の発行部数がすでに50万部で話題に!


村上春樹さんが今日4月12日に新作長編小説を刊行しました。

それで、調べてみようとしたら「村上春樹長女 ねり」のキーワードが検索されていました。

結婚しているのは知ってましたけどお子さんがいるのでしたっけ?
しかもお名前が「ねり」?

そうしたら、やっぱり結婚はしているみたいです。
お相手は「陽子」さんというみたいです。

どうも・・・お子さんはいないみたいですね。
なんで話題に上がっているのでしょう。
しかも長女の名前まで出てきているし。関連があるかはわかりませんが、
作家安部公房さんの長女が「ねり」さんとおっしゃるようです。

村上春樹さんと関係あるのかな?イマイチ、意味が分かりませんでした。

さて、村上春樹さんといえば、過去に様々な本を書いておられますが、
ノルウェイの森
海辺のカフカ
1Q84
スプートニクの恋人
だとか・・・。

実は、私、一作も読んだことがありません。
今朝、その発売している様子を、テレビカメラが映していました。はじめ、なんの撮影かなと思ったら、
このニュースを見て、納得しました。

3年ぶりとなる新作の小説。
午前0時から発売開始した書店もあるそうです。
まるで、お祭り騒ぎ!ボジョレーの解禁みたいですね!

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」という名。
この新作は、事前にほとんど内容が公表されなかったものの、発売前から予約が殺到し、
発行部数はすでに50万部にのぼっているとのこと。

私も、挑戦してみようかなと思います!

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。
ご意見、ご感想などもお気軽にご連絡下さい!

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 新着 芸能ニュース トレンド情報を収集するブログ

新着 芸能ニュース トレンド情報を収集するブログ TOP » , 芸能 » 村上春樹さんの新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の発行部数がすでに50万部で話題に!