ロボコップ リメイク版が来年夏に日本公開 | 新着 芸能ニュース トレンド情報を収集するブログ

スポンサードリンク

ロボコップ リメイク版が来年夏に日本公開


ロボコップ リメイク版が来年夏に日本公開

大ヒットSFアクションをリメイクする映画『ロボコップ(原題)』が、
来年夏に日本公開されることが明らかになりました。

同じアメリカ映画である『ターミネーター』などと同様、
低予算で作られながらも興行収入5300万ドルを超えるヒット作となっています。

全米公開は2013年8月9日を予定。

撮影は現地時間15日にカナダ・トロントでスタートするという。
1987年に発表されたオリジナルは、
ピーター・ウェラー主演、ポール・ヴァーホーヴェン監督の人気SFアクション映画。
近未来のデトロイトを舞台に、サイボーグと化した警官が犯罪者に立ち向かうさまを描いている。
後にシリーズ化され、テレビアニメ化・テレビドラマ化もされた大ヒット作だ。

今回、ブラジル出身のジョセ・パリージャによってリメイクされる「ロボコップ」ですが、
その主人公アレックス・マーフィーを演じるのはジョエル・キンネマンになるそうです。

ジョエル・キンネマンはスウェーデン出身の32歳。
最近ではテレビドラマシリーズ「ザ・キリング」で主演し、
日本では9月公開予定のデンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ主演作「セーフ・ハウス」にも出演しています。

監督のジョセ・パリージャによれば、主人公のマーフィーがどのようにしてロボコップに改造され、
心身ともに機械となっていくのかを描くことがテーマになるそうで(「撮影は来年早々に開始?」)、
「グラン・トリノ」の脚本を執筆したニック・シェンクの参加(「グラン・トリノ」の脚本家が参加!」)も決定しています。

ジョセ・パリージャは以前から夏からの撮影開始とコメントしていましたが、
それが現実味を帯びてきたようですね。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。
ご意見、ご感想などもお気軽にご連絡下さい!

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 新着 芸能ニュース トレンド情報を収集するブログ

新着 芸能ニュース トレンド情報を収集するブログ TOP » 映画 » ロボコップ リメイク版が来年夏に日本公開